爪水虫

爪水虫の治療方法!
病院で薬をもらう前に出来る大人気の○○とはなんでしょうか?

 

爪水虫は長引きやすく完治しにくい病気です。
病院に行っても長期間掛かるので、まずはおすすめの塗り薬を試してみてはいかがでしょうか。

 

爪水虫の治療方法で効果が高いのは?副作用は大丈夫?

爪水虫の治療方法で効果が高いのはどれでしょうか?また副作用は大丈夫なのでしょうか?

 

爪水虫が気になる足

 

爪水虫の治療方法は主に病院で行うのが一般的です。
病院に行くと多くは飲み薬を使用します。症状が重かったり薬が効かないなら、レーザーによる治療方法を行います。

 

病院での治療方法は爪水虫だと長期間になってしまうのが多いです。薬が出ると医師の指示に従って飲む必要があります。定期的に通院も必要になるので患者さんの負担も大きいかと思われます。

 

期間は6ヵ月以上かかるのがほとんどですので費用の面や病院に行く手間も大変でしょう。

 

また、爪水虫の薬には副作用がみられます。特に肝臓が弱っていると副作用が出やすく、肝臓の病気があると薬が飲めないものです。これは爪水虫の投薬を行う際に飲んでも大丈夫かどうかを検査して確認します。

 

肝臓に異常がなくても副作用の可能性があるものを長期間服用しなければいけないのは怖いですよね。

 

また、薬が効かない際のレーザーによる治療方法は保険適用外ですので費用も掛かってしまいます。また、レーザーの治療方法だとしても長期的に通院しなければいけません。

 

以上を考えるとまずは病院よりもお手軽に治せるのを選びたいと考える人も多いかと思われます。

 

爪水虫には自分で自宅で塗れる治療方法で副作用の心配がないクリアネイルショットがおすすめです。

 

爪水虫に良いクリアネイルショット

 

クリアネイルショットはとてもお手軽で1日1回入浴後か足裏全体を洗った清潔な状態で爪とその周りの皮膚に塗るだけです。

 

お風呂の後に塗るだけですので簡単で毎日続けられそうですね。クリアネイルショットは植物由来成分が多く含まれているので副作用の心配もなく、パッチテストも行われているので安心して使えます。

 

爪水虫の初期症状ってどんな感じ?悪化した時の症状は?

爪水虫の初期症状ってどんな感じなんでしょうか?また悪化した時の症状は?

 

水虫は足の柔らかいところや足の指の間など皮ふの柔らかい部分にできるのが多いですが、水虫の原因である水虫菌が爪にまで侵食して起きます。

 

爪水虫ができる部分

 

爪水虫の初期症状は爪の色が変わるのが多いです。白っぽくなったり黄色っぽく濁ったような色になるのが多いです。

 

爪がもともと弱っていたり乾燥しがちなら爪水虫になるまでも白っぽいので気づきにくいかもしれません。

 

ペディキュアを塗っているならば色の変化に気づけないですし、男性ならばまじまじと自分の足の爪の色なんて気にされない人も多いかもしれません。

 

爪水虫は放置してしまうとどんどん症状が悪化してしまいます。

 

症状が悪化して爪水虫が進行すると次第に爪が分厚くなります。分厚くなりますが表面自体はもろくなるのでボロボロと爪が欠けるようになります。

 

爪が欠けた時はずきずきと痛むようになります。
爪に縦の筋がみられるのも特徴の一つです。

 

爪の厚みが増してしまうと靴を履いた時に違和感や痛みを感じてしまう人も多いようです。

 

爪水虫が悪化して痛い

 

爪の栄養不足や水分不足の場合でも色の変化やボロボロと欠けてしまいますが爪水虫の場合は痛みを伴うと覚えておくといいでしょう。

 

爪水虫って完治する?期間はどれくらい?

爪水虫って完治するのでしょうか?また期間はどれくらいなのでしょうか?

 

水虫は完治が難しく移りやすい病気というイメージですが、足の皮膚にできてしまった水虫よりも爪水虫は更に完治しにくいので注意が必要です。

 

一般的な水虫は2,3ヵ月で完治するのが一般的ですが爪水虫の場合は6ヵ月以上完治までかかるのがほとんどです。

 

爪水虫が完治するまでの期間

 

なぜ、ここまで時間がかかるのかというと完治したかどうかは伸びてきた爪をみて医師が判断をするのですが、足の爪は伸びるスピードが遅いので伸びてきた部分をなかなか確認できず、「完治した」と言い切るのが難しいため、長期間になってしまうケースが多いです。

 

足の爪が伸びるのが遅い人はもっと時間がかかってしまうでしょう。

 

しかし、途中でやめると完治していない場合は再発してしまう可能性もあるので医師が判断するまでは治療方法の指示に従っていきましょう。

 

病院の治療方法は投薬とレーザー、どちらの治療方法でも6ヵ月程度はかかるので期間の長さで治療方法を選択するのはやめておいた方がいいでしょう。

 

爪水虫の治療方法は期間で選択しない

 

長期間にわたり服用するのが不安な場合はレーザーを行うのもいいかもしれませんね。

 

爪水虫は手の指にも発生する?

爪水虫は手の指にも発生するのでしょうか?

 

爪水虫は手にもできる?

 

爪水虫は足の爪にできるイメージですよね。
足の爪が黄色くなって分厚くなってぽろぽろと欠けやすくなるイメージです。

 

あの爪の状態が手の爪にもなってしまうなんて考えたくもないですよね。
爪水虫は痛みを伴うので手の爪になってしまうと大変です。

 

爪水虫は足の爪に多く発生し手の爪に発生するのはごくまれです。しかし、まったく発生しないわけではないので注意が必要です。

 

足が爪水虫になってしまった場合は素手で触らないようにする、触った後はよく洗うなどが必要です。
手の指に爪水虫が発生したとしても足ほど症状が重くならないのが多いです。

 

これは足は靴を履くと群れやすく水虫菌が繁殖しやすいが手は露出しているのが多く蒸れにくいからです。

 

爪が痛んでしまった、手が荒れてしまったと皮膚科を受診して初めて自分が手の爪水虫になっていると診断されて驚く方もいるようです。

 

手の水虫は痛みやかゆみを伴わないのでこれも水虫に気づかない理由となります。

 

爪水虫ができた手

 

手の爪が水虫になった時は手の表面がかさかさしたように感じるので手荒れだと思っていて水虫が悪化してしまうようです。注意しましょう。

 

爪水虫の飲み薬や塗り薬で人気が高いのは?

爪水虫の飲み薬や塗り薬で人気が高いのはどれでしょうか?

 

爪水虫に限らず水虫は治りにくいので市販ではなく病院で処方される薬による治療方法が多いようです。

 

爪水虫の薬を処方

 

爪水虫の場合は爪の奥や根本まで浸透しにくいので飲み薬が処方されるのが多いです。

 

爪水虫の飲み薬はラシミールが多く処方されます。

 

こちらは肝機能障害への副作用があるとされています。そのため、肝機能が低下している方や肝臓の罹患歴がある方は使用できません。

 

また、授乳中の方や妊娠中の方も赤ちゃんへの影響を考慮すると使わない方がいいでしょう。
既に他の薬を服用している方も飲み合わせの関係で飲めないことがあります。

 

また、高齢者の方は副作用が出やすい傾向があるので注意して飲んでいく必要があります。
飲み薬を病院で処方してもらったとしても6ヵ月間など長い期間投薬を行っていくので患者への負担も大きいです。

 

副作用の影響がないか血液検査で確かめながら飲んでいきます。

 

病院の治療方法で投薬は身体にも時間の面でもお金の面でも負担が大きいと考える方は自分で塗るタイプのクリアネイルショットを試してみてはいかがでしょうか。

 

クリアネイルショットはとても人気のある爪水虫の塗り薬です。有用成分をオイルで包み込んでいるので通常の爪水虫の塗り薬よりも爪になじみやすくなっています。

 

爪水虫に良いクリアネイルショット

 

爪の保湿を行う際もオイルを塗ったりしますよね。爪はオイルになじみやすい親油性の特徴があるため、オイルの塗り薬は効果が高いです。

 

また、クリアネイルショットは爪水虫に結果があるという論文が医学誌の「医学と薬学」に掲載された実績もあります。
クリアネイルショットは1日1回塗るだけですのでまずこちらを試してみるのもいいですね。

 

爪水虫は病院の何科に行けば良い?また費用や保険の適用は?

爪水虫は病院の何科に行けば良いのでしょうか?
また費用や保険の適用はあるのでしょうか?

 

爪水虫の病院

 

突然、爪水虫が出来た場合病院に行きたいとは思うけれど何科に行けばよいかわからない場合もあるかと思われます。

 

何科に行ったらよいのかわからなかったり、どこの病院に行けばいいのかわからなかったりして放置してしまい悪化するのは避けたいですね。

 

爪水虫の場合はまず皮膚科を受診するようにしましょう。投薬による治療方法は保険が適用されるのですが、爪水虫は長期間にわたるのが多いです。

 

そのため、1回ごとの支払いは少なくても投薬期間が長いため費用が合計数万円かかってしまうのも多いようです。

 

また、爪水虫の治療方法にはレーザーを用います。こちらは副作用の関係で飲めない方や投薬による治療方法では効果が見られなかった場合に行われることが多いです。

 

爪水虫を病院で治療

 

レーザーによる治療方法は残念ながら保険適用外です。しかし、指1本あたり5000円程度で済みますし1ヵ月に1度でいいので爪水虫に感染している指が少ない場合は投薬による治療方法よりお得かもしれません。

 

爪水虫にエフゲンは効く?効かない?

市販で購入できる爪水虫の治療方法としてエフゲンがあります。エフゲンは爪水虫よりも足の指に効果的です。

 

爪水虫にエフゲンは効く?

 

水虫の元である菌をなくす効果があるので爪水虫に対してもある程度は効果があります。しかし、足の指専用に開発されている商品なので、爪の部分には成分がしみこみにくいなどの問題があります。

 

実際、口コミなどでは爪水虫の治療方法に使いたい場合などには爪の表面を少し削り薬をしみこみやすくするなどと書かれています。

 

しかし、それでもエフゲンは足の指用の薬ですので爪水虫に対しては100%の効果は期待できないでしょう。

 

市販で購入できる爪水虫の治療方法としては爪水虫専用に開発されたクリアネイルショットがおすすめです。クリアネイルショットは爪水虫専用の商品ですので爪にしみこみやすいようにオイルのようになった薬です。

 

爪水虫に良いクリアネイルショット

 

そのため、より爪の内部の患部に有効成分を届けることができます。浸透力だけでなく、オイル状の薬にすることで保湿成分を高めているのも特徴です。

 

爪水虫を治すだけでなく、爪や足の指先部分の保湿も行うことができるので、爪水虫に感染する前のきれいな爪の状態に戻すことが可能です。

 

塗る頻度も1日1回お風呂上りだけでいいので手軽に続けられる薬です。

 

爪水虫についてのまとめ

爪水虫についてのまとめです。

 

爪水虫とは水虫の元となる菌が爪の内部に入ってしまい発症する病気です。初期の症状としては菌が繁殖することで爪が白や黄色に濁ったように見えるなどがあります。

 

爪水虫の人

 

そして症状が進むと爪の表面が分厚くなります。爪が分厚くなったにも関わらずボロボロと削れてしまうので痛みを伴うようになります。

 

爪が分厚くなった分、靴を履いた時などに違和感を感じることもあるようです。

 

爪水虫を治すには病院に通うなどの治療方法があります。病院の治療方法では投薬とレーザーのどちらかを行うことが一般的ですがどちらも完治までには数か月間かかってしまいます。

 

また、投薬による治療方法の場合、処方される薬の多くには肝機能障害の副作用があるとされています。

 

そのため、副作用の影響がないか確かめるために定期的に血液検査をする必要もあります。そして、レーザーによる治療方法の場合は保険適用外なので費用がかかります。

 

このことからも病院で爪水虫を治すのはハードルが高いと感じる方も多いようです。

 

そのような方にオススメなのは爪水虫専用のクリアネイルショットです。エフゲンなどの足の指専用の水虫薬は爪水虫に対しては薬が浸透しにくいためあまり効果がありません。

 

爪水虫に良いクリアネイルショット

 

それに対して爪水虫用のクリアネイルショットは爪にしみこみやすいオイル状の塗り薬なので有効成分が爪の奥にまで届き確実に治すことができます。

 

また、クリアネイルショットは1日1度塗るだけでいいのでとても簡単に続けることができます。